2020年08月04日

初級第8.9回 染色<藍の生葉染め>

 藍の生葉染めの実習を行いました。使った藍は蓼藍と縮藍です。
 午前中は、染液づくりです。まず藍の枝から葉だけを集めます。
スクリーンショット 2020-08-04 14.15.06.png

 2班に別れて、タライに分量の藍と水を入れ、ゴシゴシと揉み出す作業を続けること30分。葉っぱはもうとろんとろんです。大変な作業なのですが、最初の10分、とにかく頑張ると後が数段楽になります。とろんとろんになった藍を濾し、藍液を抽出、大きな保存バケツに移します。濾した藍の揉み殻はタライに戻し、新しい水を加えてもう一度同じことを繰り返します。こうして濃い緑色の藍の染液が出来上がります。これにアルカリ還元剤を攪拌しながら少しずつ混ぜ合わせ、1時間ほど寝かせます。
スクリーンショット 2020-08-04 14.15.21.png
スクリーンショット 2020-08-04 14.15.32.png

 あらかじめ地入れ(染める布をぬるま湯にしっかり浸しておくこと。染液が浸透しやすくなると同時に、布の埃なども取り除きます)しておいた布を、タオルドライしておきます。
スクリーンショット 2020-08-04 14.15.45.png

 午前中使用した用具などをきれいに後片付けし、午後の準備をした後、昼食にしました。

 
 午後は染色作業です。染色作業は、一人一人でそれぞれの調理台に分かれて、行いました。
スクリーンショット 2020-08-04 14.16.26.png
 
 今回染めたものは、各自2枚、絹のストールと、表がガーゼ裏がタオル地のハンカチです。素材も大きさも違うので、絹から1枚ずつ染め、絹の行程終了後綿を染めました。藍の染めでは、絹も綿も同じ工程で染めることができますが、染め上がりの色には違いがあります。また同じ綿、同じ絹でも織りや地紋等によって染め上がりの感じにも随分違いが出ます。それもまた楽しみなところです。
染液から出した時、布は緑色ですが、水の中で酸化し、さらに空気で酸化して、きれいな青色になるのも楽しい行程です。藍の葉に含まれているインディカンという成分は揉み出し作業で抽出され、さらに葉の持つ酵素によって加水分解されインドキシルという成分に変化します(緑色)。これが布に浸透し定着します。インドキシルは変化しやすく水の中、空気の中で容易に酸化します。酸化するとインディゴという青色の成分に変わり、布に浸透させることは、もうできません。つまりインディゴになってしまった液では染めることはできないということです。緑色の布が水の中で青色に変化するのは、インドキシルが浸透した布が、酸化してインディゴとして定着したことを示しています。
スクリーンショット 2020-08-04 14.16.35.png
スクリーンショット 2020-08-04 14.16.43.png
 
 各自2枚の染め布以外に持っていたマスクやタオルを一緒に染めてみたという方もいらっしゃいました。そして使った染液を持ち帰りたいということになり、ペットボトルに詰めたりして持ち帰っていただきました。
スクリーンショット 2020-08-04 14.16.55.png
posted by 小田原ハーブインストラクター at 15:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月15日

初級2020-7-12 <食とハーブー世界のハーブ料理>

今日は、久しぶりに晴れ間が覗きました。このところ続く雨のため、普段なら、みのり館からよく見える富士山も見ることができません。でも今日はみのり館への道すがら、みなさん富士山が見えたと喜んでいました。
 さて今日は、バジルをはじめとするハーブ類をたっぷり使った料理の実習です。
IMG_2866.JPG
スクリーンショット 2020-07-14 17.32.45.png

メニュー:ジェノベーゼの冷製パスタ、黄金スープ、バタフライピーと梅の二色ゼリー、ローゼルジュース、
それにカプレーゼ
二色ゼリーは、バタフライピーのブルーと透明な梅のゼリー。梅ゼリーは、梅ジュースをレモン水で割って作りました。バタフライピーのゼリーは糖分は加えたものの味も香りもありませんが、ここ曽我の里の梅で作った梅ジュースのゼリーと合わせて、色も味も美味しく仕上がりました。
ローゼルジュースは、アグアデハマイカというメキシコの飲み物です。ローゼルには種類もあり、産地によっても気候風土の違いから酸味等にも違いがあります。したがってどんなローゼルを使うかによって、美味しく飲むための分量等も調整して作ります。作り方は簡単です。色も綺麗で、暑い夏に、喉の渇きを潤してくれる、ゴクゴク飲みたくなるジュースです。今日はとても蒸し暑い日でしたので、しっかり冷やしたこのジュースはとても美味しかったです。
スクリーンショット 2020-07-14 17.33.18.png
黄金スープは、牛肉と野菜、卵白をよく練り合わせ、ハーブ類と共にコックリじっくり煮込んだ透明なスープです。作るのに時間はかかりますが、さっぱりしていて、ジェノベーゼのパスタによく合います。今日は黄金スープを仕上げた後、煮込んだ肉野菜をスープの具に戻して食べました。
スクリーンショット 2020-07-14 17.33.41.png
ジェノベーゼソースは2回作りました。1回目は、帰りに持ち帰り用です。ビンに詰めた後、食卓の準備を進めながら、パスタを茹でて2回目のジェノベーゼソースを作りました。この季節ならではの代表的なハーブ料理ですね。アレンジ版もいろいろあります。シソやごまを使って和風中華風のソースにしたり、松の実をナッツ類に置き換えたり、好みに合わせていろいろ作られています。
サラダは、ベビーリーフとレモン添えのカプレーゼです。
スクリーンショット 2020-07-14 17.34.08.png
例年は、食卓を囲む形で昼食会を開いているのですが、今年は、それぞれの席で食事をとる形にしました。
IMG_2856.jpg
スクリーンショット 2020-07-14 17.34.50.png


昼食後は、後片付けをした後、いろいろなハーブ類をビンにつめて、ハーブオイル、ハーブビネガーを作りました。午前中の作業に少し時間が掛かったので、ハ―ブチーズは、作り方を説明し、材料を持ち帰り、家で作っていただくことにしました。
スクリーンショット 2020-07-14 17.35.30.png
スクリーンショット 2020-07-14 17.35.54.png


今年は、通常使用している会場の倍以上ある広いホールを使って講座を行なっています。部屋は開け放し、マスク、消毒はもとより、スリッパの持参などいろいろ注意を払っての実施です。緊急事態宣言下で、スタートがなかなかできなかっただけに、毎回、皆さんとても意欲的で、楽しんでくださっています。特に今は、生のハーブがふんだんに使える時期なので、いろいろなハーブの香りに毎回癒されているようです。前回のタッジーマッジーも「ひと枝ひと枝束ねているうちにある友達を思い、その想いに従って出来上がったものを友達にプレゼントしたら、とても喜ばれた。」ことや、今回のジェノベーゼも、「持ち帰ったバジルで、息子とたくさん作り、お友達にとても喜ばれた」など講座後の皆さんの後日談もとても素敵です。
posted by 小田原ハーブインストラクター at 11:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月30日

初級コース2020−6-28 ハーブの種類、タッジーマッジー、ラベンダーバンドルズ

午前 ハーブの種類<様々なハーブとタッジーマッジー>
 
 今日は様々なハーブについて学習しました。特に私たちにとって身近でよく活用されているハーブ(ラベンダー、タイム、ミント、セージ、ローズマリー、ローズ、ゼラニウム、コニファー類、柑橘類など)の基本的知識、特徴などについてです。そしてプロジェクターを使って、実際に咲いている様々なハーブの姿、形の違いなど見ていただきました。とはいえ植物について知るには、やはり実際に手に取り、香りを体験したりすることに勝るものはありません。今はハーブの成長期です。多くのハーブたちが花をつけ、色とりどりの美しい姿を見せてくれています。そこでそれらの一部を持参し、実際のハーブ、どんな花をつけているのか、見ていただきました。
用意したものは、レモンバーベナ、ペパーミント、フェンネル、マジョラム、オレガノ、ローズマリー、マートル、ティートウリー、ユーカリ グロブルス、ローズゼラニウムです。ユーカリやティートウリーは、葉に傷をつけないと香りがわかりませんよね。オレガノやマジョラムの花がどんなものか、香りはどうかなどなど、実際に手にすることで、わかることがたくさんあったと思います。
IMG_2770.JPG

 ハーブの種類についての学習が終了した後は、これらハーブを使ったタッジーマッジー作りです。
タッジーマッジーは中世ヨーロッパで始まったと言われています。当時ヨーロッパでは黒死病が大流行し、多くの人々が亡くなりました。身を守るため防疫を目的に、ハーブや薬草を使ったタッジーマッジーという小さな花束を作り、身につけて持ち歩いたと言われています。ハーブの抗菌作用や薬理作用は人々の命を守るためいろいろな形で役立てられてきたのです。コロナとともに生きる私たちにとっても同じです。ハーブの香りは気持ちを癒すだけでなく、身体のバランスを整え、健康のために大いに役立ってくれるはずです。
 さてタッジーマッジー作りですが、小さな花束のはずが、皆さん、切るのがもったいないとやや大きめのものになってしまいました。でもよしとしましょう。あれやこれや丸くするためにいろいろ苦心し、組み合わせて、香り豊かな素敵な花束が出来上がりました。
スクリーンショット 2020-06-30 1.14.50.png
スクリーンショット 2020-06-30 1.15.49.png
スクリーンショット 2020-06-30 1.15.56.png

 お昼、レモンバーベナーとミントのフレッシュハーブティーでリフレッシュ。


午後<ラベンダーバンドルズ>

 午後は、ラベンダーバンドルズを作りました。いつも思うことですが、この作業中は、皆集中し、シーンとあたりが静まりかえります。作っている時の写真を撮るのもすっかり忘れてしまいました。
IMG_2769.JPG

スクリーンショット 2020-06-30 1.17.34.png


 今日は朝から雨で、当初は、裏のハーブ畑でのラベンダー摘み取り体験からスタートするつもりだったのですが、できませんでした。それでも午後2時すぎには雨も上がったので、講座終了後ハーブ畑の見学とラベンダーの摘み取りを行いました。
スクリーンショット 2020-06-30 1.18.54.png
posted by 小田原ハーブインストラクター at 01:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする