2020年01月13日

初級第16,17回 2020-1-12<フルーツポマンダー ><ハーブの歴史>

午前<フルーツポマンダー 作り>
14世紀のヨーロッパでは疫病が大流行し多くの人が命を落としました。それらの疫病から身を守るための、防疫の具として作られたのがポマンダー です。もともとは、金や銀の穴の開いた容器に抗菌や防虫に役立つハーブや、スパイス、また香料、乳香などの植物性のものからアンバーグリス、ムスクなどの動物性のものなども詰めて使用していたようです。
現在のフルーツポマンダー の原型は16世紀、りんごをくり抜いた中に酢で練った乳香などを詰め込んだもので、病に苦しむ市井の人々を治療のため訪れる医師たちも防疫のため身につけていたと言います。
現代では、時代背景もすっかり変わり、魔除け、お守りの意味を込めつつも、装飾や部屋の飾り付け、また季節の楽しみへと変わってきました。と同時に見た目もより可愛らしく、より素敵なフルーツポマンダー が作られるようになりました。
今日はそんなフルーツポマンダー を作りました。

スクリーンショット 2020-01-13 1.24.28.png

フルーツにクローブがさし終わったら、ブレンドしたスパイスのパウダーの入った袋の中で、全体にパウダーをまぶします。教室でできるのはここまでです。家に持ち帰り網の袋に入れ日の当たらない風通しの良いところに吊るして干します。乾燥したらリボンをかけて完成です。上手に出来上がるといいですね。どんなふうに出来上がったかは次回の講座日の楽しみです。

IMG_2034.jpg


午後<ハーブの歴史>
 午後は、ハーブの歴史についてです。特にヨーロッパの時代背景の中でどのように現在の私たちに届けられたのか、また薬学や医学にも深く関わる植物、ハーブについての大切な著書について、重要な人物たちの考え方などについてなどです。
 また歴史上に登場する「ハンガリーウオーター」や「ケルンの水」は、どのようなものなのか?実際に作ってみました 。生命維持の秘薬として、自給自足の修道院の中で作られたハーブのリキュールとはどのようなものなのか?当時のレシピをもとに作られているという、<シャルトリユーズ><ベネディクチン>を試飲していただきました。午後の講座は少し早めにスタートしたのですが、内容が多いので、終了時間を少しオーバーしてしまいました。ハーブの歴史はとても広くて深いのですが、その一部でも当時の物を探り、体験することでハーブ
の歴史に対する関心も増すのではないかと思います。

スクリーンショット 2020-01-13 1.32.17.png

スクリーンショット 2020-01-13 1.26.51.png
posted by 小田原ハーブインストラクター at 22:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする