2018年05月21日

2018-5-20 第二回講座に寄せて

こんにちは。ハーブの学校ティーベリーハーブスクールです。
 このところ気候変動が激しいですが、今日は、爽やかな気候でした。ハーブ畑隣の「玉ねぎオーナー畑」は、今日が収穫日ということで、朝から玉ねぎオーナーの方々が訪れ、みのり館周辺は賑やかでした。収穫した玉ねぎがたくさん入った袋や箱を抱えて、それはそれは重たそうです。でもどの方々も晴れやかで嬉しそうでした。今夜の食卓には、様々に姿を変えた美味しい玉ねぎ料理が並ぶことでしょうね。
 
 さて、スクールは、今年度二回目の講座日です。
 午前の講座は、ハーブと人との関わりやハーブの種類についての講座。午後はハーブティーについての講座を行いました。共に30分ほどはハーブ畑に出て、畑にあるハーブたちを観察しながら学習したり、ハーブティーになるハーブの収穫なども行いました。

DSCN0432.jpg

DSCN0431.jpg

 長い長い人類の歴史の中で、人々が植物たち(ハーブたち)とどのように関わってきたのかを思い巡らす時、如何に植物たちに助けられ、植物たちの持つ大きな力を借りてきたことか、それが人が生きるための英知であり糧であったことを改めて考えさせられます。
 かつてそれほど身近に存在し、人が生き、生活するための大切なパートナーだった植物たち。
 社会の進歩とともに、生活環境も自然環境も大きく変わってきたのですから、すべてが同じというわけにはいきません。それでも植物たちが生活に潤いを与え、気持ちの安らぎをもたらし、更に、私たちの衣食住に大きく関わり続けてきたことを思い返せば、植物たちが大切なパートナーであることに今も変わりがないことに気づきます。
 ハーブを学ぶということは、(ハーブとは植物の中でも特に特別な効能を持つ植物)、こんなに身近にあった植物たちに、改めて目を向け、植物たちと共に生きてきた自分を思い返し、これからもそのことを大切に生きる姿勢を失わないということではないかと思います。それも受け身ではなく、自らが選択する積極的な生き方として。そのために、ハーブをもっともっと知るための場所にできればと思っています。



お花紹介

  ハーブ畑のダイヤーズカモミールとコーンフラワー
DSCN0436.jpg

DSCN0435.jpg

  我が家に咲き乱れるニゲラ
DSCN0408.jpg

DSCN0411.jpg
posted by 小田原ハーブインストラクター at 11:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください