2020年02月13日

初級 第18.19回 2020-2-9<芳香蒸留水・チンキ・浸出油><ハーブティー>

午前第18回<芳香蒸留水・チンキ・浸出油>
 初級では、家庭でも手軽に芳香蒸留水(ハーブウオーター)が取れることを知っていただくため、お鍋での蒸留を行いました。キッチンは暮らしの原点とも言える場所です。ご飯を炊く、おかずを作る。漬物をつける。保存食を作っておく。季節ごとの決まった仕事などなど、健康と命を育む食べ物がキッチンから生まれ、日々の心地よい暮らしへとつながっていきます。思い返してみれば私たちは多くの時間キッチンに立っています。キッチンは家族の健康を預かる私たちにとってのいわば研究室です。そんなキッチンにあるものを使って、庭で育てた植物から健康に役立つハーブウオーターをとってみましょう。こんな楽しいことはありません。まるで出汁を取るようにハーブウオーターを採る。ぜひ行ってみて欲しいのです。
 ハーブウオーターは、植物の水溶性の芳香成分・分子が溶け込んだ水です。同じ水蒸気蒸留で採られる精油に比べると成分の含有量は10000分の1と少ないですが、その分禁忌もほとんどなく誰にでも身体に優しいもので、様々なものに活用できます。
収穫したての植物を使って、今日は隣のハーブ畑のローズマリーでローズマリーウオーターを採取しました。収穫したハーブ1に対して採取するハーブウオーター1を採ります。
スクリーンショット 2020-02-10 23.35.38.png

蒸留には少し時間がかかりますので、その間に、ハーブをアルコールに漬け込み成分分子を浸出させるチンキと植物油に漬け込む浸出油を作りました。今日は、エキナセアのチンキとカレンデュラの浸出油です。
スクリーンショット 2020-02-13 10.35.18.png
ローズマリーのハーブウオーター、エキナセアのチンキ、カレンデュラの浸出油、それぞれの活用方法や使い方など知っていただいて、午前の講座は終了しました。
IMG_2208.JPG


午後<ハーブティー>
 空気が乾燥しているこの時期は、肌もカサカサ、内臓も冷たく、乾燥気味です。ハーブ療法には様々ありますが、特にこの時期活用したいのがハーブティーです。ハーブに多く含まれるポリフェノールやフラボノイドには抗酸化作用があり、また免疫力、自然治癒力を高めてくれます。それぞれのハーブが持つ特性、効能を活かした組み合わせを考え、美味しいハーブティーを飲むことで、健康維持に努めたいものです。
今日は、それぞれのハーブの特性、期待できる水溶性成分、そして注意点などを学びながら、そしてより美味しくするためのプラスα、甘味や果物、日本古来のショウガやゴボウなど活用しながら、いろいろハーブティーを作って飲み比べてみました。 
スクリーンショット 2020-02-13 11.46.35.png
posted by 小田原ハーブインストラクター at 11:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください