2020年06月30日

初級コース2020−6-28 ハーブの種類、タッジーマッジー、ラベンダーバンドルズ

午前 ハーブの種類<様々なハーブとタッジーマッジー>
 
 今日は様々なハーブについて学習しました。特に私たちにとって身近でよく活用されているハーブ(ラベンダー、タイム、ミント、セージ、ローズマリー、ローズ、ゼラニウム、コニファー類、柑橘類など)の基本的知識、特徴などについてです。そしてプロジェクターを使って、実際に咲いている様々なハーブの姿、形の違いなど見ていただきました。とはいえ植物について知るには、やはり実際に手に取り、香りを体験したりすることに勝るものはありません。今はハーブの成長期です。多くのハーブたちが花をつけ、色とりどりの美しい姿を見せてくれています。そこでそれらの一部を持参し、実際のハーブ、どんな花をつけているのか、見ていただきました。
用意したものは、レモンバーベナ、ペパーミント、フェンネル、マジョラム、オレガノ、ローズマリー、マートル、ティートウリー、ユーカリ グロブルス、ローズゼラニウムです。ユーカリやティートウリーは、葉に傷をつけないと香りがわかりませんよね。オレガノやマジョラムの花がどんなものか、香りはどうかなどなど、実際に手にすることで、わかることがたくさんあったと思います。
IMG_2770.JPG

 ハーブの種類についての学習が終了した後は、これらハーブを使ったタッジーマッジー作りです。
タッジーマッジーは中世ヨーロッパで始まったと言われています。当時ヨーロッパでは黒死病が大流行し、多くの人々が亡くなりました。身を守るため防疫を目的に、ハーブや薬草を使ったタッジーマッジーという小さな花束を作り、身につけて持ち歩いたと言われています。ハーブの抗菌作用や薬理作用は人々の命を守るためいろいろな形で役立てられてきたのです。コロナとともに生きる私たちにとっても同じです。ハーブの香りは気持ちを癒すだけでなく、身体のバランスを整え、健康のために大いに役立ってくれるはずです。
 さてタッジーマッジー作りですが、小さな花束のはずが、皆さん、切るのがもったいないとやや大きめのものになってしまいました。でもよしとしましょう。あれやこれや丸くするためにいろいろ苦心し、組み合わせて、香り豊かな素敵な花束が出来上がりました。
スクリーンショット 2020-06-30 1.14.50.png
スクリーンショット 2020-06-30 1.15.49.png
スクリーンショット 2020-06-30 1.15.56.png

 お昼、レモンバーベナーとミントのフレッシュハーブティーでリフレッシュ。


午後<ラベンダーバンドルズ>

 午後は、ラベンダーバンドルズを作りました。いつも思うことですが、この作業中は、皆集中し、シーンとあたりが静まりかえります。作っている時の写真を撮るのもすっかり忘れてしまいました。
IMG_2769.JPG

スクリーンショット 2020-06-30 1.17.34.png


 今日は朝から雨で、当初は、裏のハーブ畑でのラベンダー摘み取り体験からスタートするつもりだったのですが、できませんでした。それでも午後2時すぎには雨も上がったので、講座終了後ハーブ畑の見学とラベンダーの摘み取りを行いました。
スクリーンショット 2020-06-30 1.18.54.png
posted by 小田原ハーブインストラクター at 01:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください