2020年07月15日

初級2020-7-12 <食とハーブー世界のハーブ料理>

今日は、久しぶりに晴れ間が覗きました。このところ続く雨のため、普段なら、みのり館からよく見える富士山も見ることができません。でも今日はみのり館への道すがら、みなさん富士山が見えたと喜んでいました。
 さて今日は、バジルをはじめとするハーブ類をたっぷり使った料理の実習です。
IMG_2866.JPG
スクリーンショット 2020-07-14 17.32.45.png

メニュー:ジェノベーゼの冷製パスタ、黄金スープ、バタフライピーと梅の二色ゼリー、ローゼルジュース、
それにカプレーゼ
二色ゼリーは、バタフライピーのブルーと透明な梅のゼリー。梅ゼリーは、梅ジュースをレモン水で割って作りました。バタフライピーのゼリーは糖分は加えたものの味も香りもありませんが、ここ曽我の里の梅で作った梅ジュースのゼリーと合わせて、色も味も美味しく仕上がりました。
ローゼルジュースは、アグアデハマイカというメキシコの飲み物です。ローゼルには種類もあり、産地によっても気候風土の違いから酸味等にも違いがあります。したがってどんなローゼルを使うかによって、美味しく飲むための分量等も調整して作ります。作り方は簡単です。色も綺麗で、暑い夏に、喉の渇きを潤してくれる、ゴクゴク飲みたくなるジュースです。今日はとても蒸し暑い日でしたので、しっかり冷やしたこのジュースはとても美味しかったです。
スクリーンショット 2020-07-14 17.33.18.png
黄金スープは、牛肉と野菜、卵白をよく練り合わせ、ハーブ類と共にコックリじっくり煮込んだ透明なスープです。作るのに時間はかかりますが、さっぱりしていて、ジェノベーゼのパスタによく合います。今日は黄金スープを仕上げた後、煮込んだ肉野菜をスープの具に戻して食べました。
スクリーンショット 2020-07-14 17.33.41.png
ジェノベーゼソースは2回作りました。1回目は、帰りに持ち帰り用です。ビンに詰めた後、食卓の準備を進めながら、パスタを茹でて2回目のジェノベーゼソースを作りました。この季節ならではの代表的なハーブ料理ですね。アレンジ版もいろいろあります。シソやごまを使って和風中華風のソースにしたり、松の実をナッツ類に置き換えたり、好みに合わせていろいろ作られています。
サラダは、ベビーリーフとレモン添えのカプレーゼです。
スクリーンショット 2020-07-14 17.34.08.png
例年は、食卓を囲む形で昼食会を開いているのですが、今年は、それぞれの席で食事をとる形にしました。
IMG_2856.jpg
スクリーンショット 2020-07-14 17.34.50.png


昼食後は、後片付けをした後、いろいろなハーブ類をビンにつめて、ハーブオイル、ハーブビネガーを作りました。午前中の作業に少し時間が掛かったので、ハ―ブチーズは、作り方を説明し、材料を持ち帰り、家で作っていただくことにしました。
スクリーンショット 2020-07-14 17.35.30.png
スクリーンショット 2020-07-14 17.35.54.png


今年は、通常使用している会場の倍以上ある広いホールを使って講座を行なっています。部屋は開け放し、マスク、消毒はもとより、スリッパの持参などいろいろ注意を払っての実施です。緊急事態宣言下で、スタートがなかなかできなかっただけに、毎回、皆さんとても意欲的で、楽しんでくださっています。特に今は、生のハーブがふんだんに使える時期なので、いろいろなハーブの香りに毎回癒されているようです。前回のタッジーマッジーも「ひと枝ひと枝束ねているうちにある友達を思い、その想いに従って出来上がったものを友達にプレゼントしたら、とても喜ばれた。」ことや、今回のジェノベーゼも、「持ち帰ったバジルで、息子とたくさん作り、お友達にとても喜ばれた」など講座後の皆さんの後日談もとても素敵です。
posted by 小田原ハーブインストラクター at 11:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください