2019年03月21日

ハーブの学校 ティーベリーハーブスクール 2019-3-17 第11回(20回)講座

 今年度最後の講座は、1年のまとめとしてみなさんにレポートを発表していただきました。みなさんには、1年間学んだ中で、感じたこと、思ったこと、興味を持ったこと、また生活での変化、新たな取り組み、これからの目標など、レポートにまとめて持ってきていただきました。みなさん自分の言葉で、熱心に発表してくださいました。ハーブを出発としてのまとめであっても、それぞれ観点、興味の対象が異なり、また今後の目標についても様々でした。お互いの考え、捉え方等を共有することで、新たに気づかされたりしたことも多かったと思います。大変有意義な時間となりました。今後は各自の目標に向かって、さらに研鑽を積んでいってほしいと思っています。
IMG_0515.png
 
 お昼は近くのレストランで昼食会を行いました。今日で最後なので、お疲れさま会と親睦を深めたいとみなさんが企画してくださいました。アサリの洋風釜飯に、前菜、お刺身、天ぷら、煮物、お吸い物、デザート等のお花見御膳。とても美味しく楽しいひと時でした。
IMG_0493 (1).jpg
 
 午後は、修了式を行い、今年度の全課程を終了しました。
 みなさん本当にお疲れさまでした。認定試験はこれからですが、最後まで頑張ってください。応援しています。
posted by 小田原ハーブインストラクター at 17:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月19日

ハーブの学校 ティーベリーハーブスクール 2019-2-17 第10回(18,19回)講座


午前第18回講座  テーマ <芳香蒸留水・ティンクチャー・インフュージョンオイル>
隣のハーブ畑から、朝収穫したローズマリーで芳香蒸留水をお鍋で抽出、ジャーマンカモミールとローマンカモミールを使ってティンクチャーを、そしてカレンデュラでインフュージョンオイルを、と色々作りました。ティンクチャーもインフュージョンオイルも作業自体は簡単なことなのですが、皆さんとても楽しそうでした。芳香蒸留水の抽出には少し時間がかかります。その間に他の作業を終了し、たくさんの芳香蒸留水が抽出できた時は、皆さんもびっくりした様子でした。今回は約800gのローズマリーから約800ccの芳香蒸留水を採りました。芳香蒸留水が透明なのに対し、お鍋に残った煮出された液が濃い茶色であるのにも驚かれた様子でした。お鍋での蒸留は家庭でも可能なので、家でやってみようかな、やってみたいという声も上がりました。
ハーブの中に含まれる芳香成分、分子は、ほんの1%くらいと言われています。他は植物が持つさまざまな有効成分、分子です。ティンクチャーやインフュージョンオイルは、水では取り出しにくい植物の有効成分、分子をアルコールや植物油に漬け込んで浸出させる方法です。出来上がるまでに、これからしばらく時間がかかりますが、色々に活用してほしいと思います。
IMG_20190217_100046.jpg
IMG_20190217_101646.jpg
IMG_0450 (1).jpg
IMG_0451.jpg
IMG_20190217_113338.jpg


午後第19回講座 テーマ <ドライハーブティーの効能と活用>
午後は2回目のハーブティーの学習でした。今回はドライハーブを使ったハーブティーの学習です。さまざまなドライハーブの効能や作用を学習しながら、実際に飲み比べたり、自分の症状にあったハーブティーを飲用していただいたりしました。
IMG_20190217_135250.jpg
IMG_20190217_124503.jpg
IMG_20190217_135216.jpg
IMG_20190217_145854.jpg
posted by 小田原ハーブインストラクター at 20:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月21日

ハーブの学校 ティーベリーハーブスクール  2019-1-20 第9回(16,17回)講座

2019-1-20 第9回(16,17回)講座

 午前のテーマは<ハーブクラフト>です。フルーツポマンダーを作成しました。大き目のオレンジでの作成は、かなり大変で、皆さん苦労したようでしたが、熱心に取り組んでくださり、きれいで立派なフルーツポマンダーが出来上がりました。終了後には教室にスパイスの爽やかな香りが満ちていました。
IMG_0406.jpg
IMG_0405.jpg
IMG_20190120_110514.jpg
 

 午後は<ハーブの歴史>です。ハーブの歴史は長く広いです。ポイントごとの補足説明や写真に加えて、講義だけでなく、歴史上の植物書、薬物書などの参考書籍にも手に取り目を通して頂いたり、6世紀<生命維持の秘薬>として修道院で大切に作られたハーブのリキュールの試飲(もちろん復刻され市販されているものですが)や、14世紀に作られ<若返りの媚薬>としてエピソードの残る、知る限りでは最古のアルコールベースの香水と言われる<ハンガリーウオーター>を実際つけてみて頂いたり(一例として私が作ったものですが)、などを交えながらの講義となりました。
 上手に皆さんに伝えることはなかなか難しいテーマですが、皆さん、とても興味を持って熱心に聞いてくださいました。
IMG_0416 (2).jpg
IMG_20190120_134755.jpg
ハッカ、右は復刻版.jpg
posted by 小田原ハーブインストラクター at 16:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする