2018年09月12日

2018−9−9 第6回(10,11回)講座 アロマの活用

2018−9−9 第6回(10,11回)講座 アロマの活用
 今日のテーマはアロマの活用です。最初にアロマセラピーについて、また使用する精油や植物油、ハーブウオーターについての基礎知識、使用にあたっての注意事項などについて学習をしました。特に精油には禁忌事項や注意事項のあるものもありますので、そうしたことも知っておく必要があります。

 午前の実習では、定番のアロマ石けん作りと蜜蝋のハンドクリーム作りを行いました。アロマ石けんでは、今回はハーブウオーターとクレイを活用。ハンドクリームは、蜜蝋と植物油(今回はホホバ油とカレンデュラ油)を使用。それに初級で学ぶ精油の中から、香り、それぞれの精油の持つ特性や作用を参考に、どのように組み合わせていくか考えながら、自分のための石けんやハンドクリームに仕上げました。

DSCN0745.jpg
DSCN0747.jpg
DSCN0751.jpg
DSCN0748.jpg

 午後は、簡単にできますが意外と日常生活に役立つ抗菌マスク作りと吸入の体験。そしてハーブウオーターで作る植物のための園芸用防虫スプレーも作ってみました。 
 最後に、お風呂でのアロマの活用方法として、バスフィズやバスソルト、乳化剤を用いたバスオイルなど学習し、実際に手浴、足浴でアロマバスを体験しました。

DSCN0752.jpg
DSCN0759.jpg
DSCN0753.jpg

 このところ急に涼しくなりました。このまま涼しくなるのでしょうか?夏の疲れと急激な気候の変化がもたらす身体への負担は意外と大きなものです。こんな時は、アロマバスにゆっくりつかって疲れを癒しましょう。
posted by 小田原ハーブインストラクター at 12:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月25日

2018-8-19 第五回講座(8回9回)食とハーブ(会場:梅の里センター)


 今回のテーマは「食とハーブ」です。
 夏はバジルの美味しい季節ですね。そんなバジルをたっぷり使ったジェノベーゼは、毎年この時期になると食べたくなるものの一つですし、出来ればたっぷり作って保存しておきたいものでもあります。
 そこで午前の調理実習は、ジェノベーゼとブーケガルニでしっかり煮込んだミネストローネを作りました。
 お昼は、ジェノベーゼはスパゲッティにし、ミネストローネと共に味わいました。

DSCN0672.jpg
DSCN0677.jpg
DSCN0674.jpg
DSCN0675.jpgDSCN0680.jpgDSCN0682.jpgDSCN0685.jpgDSCN0688.jpgDSCN0692.jpg

 午後は、ハーブを用いた調味料や使い方などを学習し、セージ、タイム、唐辛子、ローズマリー、ローレルなどを用いてハーブオイル、ハーブビネガー、そして、午前中ミネストローネ作りに用いたブーケガルニなどを作りました。

DSCN0696.jpg
DSCN0697.jpg
posted by 小田原ハーブインストラクター at 22:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

2018-7-15 第四回講座(6回7回)藍の生葉染めと染色

2018-7-15 第四回講座(6回7回)藍の生葉染めと染色(会場:梅の里センター)
 こんにちはハーブの学校ティーベリーハーブスクールです。
畑の藍が大きく成長し、今日は、午前午後の2講座を使って、藍の生葉染め実習を行いました。

DSCN0575.jpg
 
 午前中はたくさんの藍の葉の揉み出し作業。3人一組で、交代しながらの作業です。明日は筋肉痛かしら?などとつぶやきながらも、愛を込めて、藍の葉を揉み出し、漉す。これを2度繰り返し、藍の染液をたっぷり抽出しました。

DSCN0636.jpg
DSCN0637.jpg

午後は、地入れしておいた布のタオルドライからスタート。今回染める布は、コットンシルクのストールです。染液の中で、布を泳がせながら染色。その後流水の中で、さらに布全体を広げて空気に触れさせ酸化されていることを確認。この作業を2度繰り返し、最後に、中和、アク落とし。
ざっとこんな行程で今回は行いました。

DSCN0639.jpg
DSCN0638.jpg

 実習終了後は、藍染めについて、また染色について、整理と基礎知識の学習を行い講座は終了しました。今回出来上がったストールです。なかなか素敵な色に染まりました。

DSCN0644.jpg
DSCN0646.jpg


=ちょっと雑談=
 スクールの拠点である下曽我は、梅の産地です。今年も美味しい青梅、完熟梅が沢山収穫され、そこここの店には、曽我の梅が販売されました。私も毎年6月には、これらの梅を使って、梅干しやら、梅シロップやら、あれやこれやと作るのが年中行事のようになっています。梅は体に良いし、特にこの暑い盛り、熱中症対策や疲労回復にも役立ちます。それで甘い梅シロップを、さっぱりすっきり飲む良い方法はないものかと考えていたところ、良い方法を見つけました。梅シロップにレモンの輪切りを入れ、お湯で割ったものを冷たく冷やすというもので、特段変わったものではありませんが、これが最近の私のお気に入りの飲み物になっています。今日も実は、実習終了後、お疲れ様の一杯に、皆さんに飲んでいただきました。皆さんにとって好みであったかどうかはわかりませんが、梅シロップの甘さが苦手という方は、試してみては如何でしょうか?

DSCN0650.jpg
posted by 小田原ハーブインストラクター at 01:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする