2019年06月24日

初級 2019-6-22 第4回5回講座

第4回講座(6月22日午前) テーマ<ハーブの種類>
 ハーブ学習の入門で、まず知っておきたい代表的なハーブについて、写真や実際の植物に触れたりしながら学習。今日は雨のためハーブ畑を見て回ることはできませんでしたが、一部ですが用意できたハーブに触れながら、その香りや、形、特徴、使い方などについて学習しました。
IMG_1176.jpg

IMG_1178.jpg

IMG_1168.jpg

第5回講座(午後)テーマ<ハーブクラフト>
 ラベンダーの花咲く季節です。この季節の風物詩にもなっているラベンダーバンドルズ作り。毎年作るという方も多くいらっしゃると思います。今日の講座では、そのラベンダーバンドルズを作りました。ハーブ畑でのラベンダー摘み取り体験は雨のためできませんでしたが、ラベンダーの生育状況もちょうど良かったように思います。普段の講座では、みなさん和気藹々とした雰囲気で、質問もたくさん出ますし、対話のはずむ雰囲気なのですが、いざバンドルズを作り始めると、一心にラベンダーに向き合い、熱心に手を動かし、辺りはシーンと静まり返ってしまいました。
1本目は、11本でゆっくりと間違えないように、中にはずれてしまってやり直した方もいらっしゃいましたが・・・。2本目は各自で自由に本数を決めて作りました。残ったラベンダーは少しずつ、1本分のリボンとともに持ち帰っていただきました。
IMG_1169 (1).jpg

IMG_1166 (1).jpg

IMG_1170 (1).jpg

IMG_1174 (1).jpg

 さて今日はもう一つハーブクラフトを作りました。ドライハーブを使ったモイストポプリです。じめじめとうっとおしい季節に、可愛いガラスポットのカラフルなポプリが、玄関や部屋に、ほのかな香りとともに彩りをそえてくれると思います。みなさん好みのハーブを組み合わせ、口元も可愛らしく飾り付けていました。
IMG_1161.jpg
posted by 小田原ハーブインストラクター at 15:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

初級 2019年度第2回第3回(5月26日)講座

第2回テーマ<ハーブの植物学>
 そもそもハーブとはなんなのでしょうか?ハーブを勉強しようとする時、必ず皆さんが持つ疑問です。そこで今日は、どのような植物をこのように呼び、現在の私たちに伝えられてきたのかについて学びました。人々の生活に大きな影響を与えてきたハーブたち、薬用としての作用。そして植物の二次代謝産物が持つ植物の力。だからこそ私たちは、それぞれのハーブの特徴を生かして様々な活用が可能であり、体に優しく健康の助けにもなっていること。などなどについて学び、具体的にどのような活用方法があるのかを知り、この1年の学習の中で、それぞれについて実践し学んでいくことなどについてもお話ししました。
 
 昼食時に前回植えた苗や種の生育状況について、皆で画像を見せ合いながら、雑談しました。みなさん上手に大切に育てていらっしゃる様子でした。


第3回テーマ<ハーブティー>
 ハーブをお茶として飲むことは、ハーブの多様な利用法の中で最も手軽で簡単な方法です。ハーブティーには、ポリフェノールやフラボノイド、各種ビタミン等が多く含まれていることから、抗酸化作用や免疫力を高める作用があり、日々の生活の中に取り入れることで、健康な生活を維持していくことや活力にもつながっていくと考えられています。
 初級では、初めてのハーブティーということで、入れ方や分量の目安といった基本的なことそして注意事項等について学んでいただいたのち、初級の対象となる基本的なハーブティーについてシングルで味わい、それぞれのハーブティーの色や香り味わいなどを学んでいただきました。時期的にフレッシュが用意できるものはフレッシュハーブで、そうでないものはドライハーブで行いました。フレッシュでのペパーミントとスペアミントとの飲み比べも行いました。葉の香りの違い、ティーでの味わいの違い、成分も全く異なる2つのミントですが、意外ときちっと飲み比べる機会はないかもしれませんね。
IMG_0912.jpg

IMG_0918.jpg

IMG_0916 (1).jpg

 
 最後に、好みの香りや味わい、そして有効成分や効能などを考えて、ブレンドハーブティーを、皆さんにそれぞれ作っていただき、なぜそのブレンドにしようと思ったか理由を述べながら他の方々に振舞っていただきました。
IMG_0923.jpg

IMG_0920.jpg

IMG_0924.jpg
posted by 小田原ハーブインストラクター at 14:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月23日

2019年度ティーベリーハーブスクール初級コーススタート

 4月21日、午前10:00から、「小田原食とみどり『農の学校』」の入学式が行われました。入学式も今では2日に分けて行い、今日は「田んぼの学校」と「ハーブの学校」の入学式でした。「ハーブの学校」に所属するティーベリーハーブスクールも、この入学式から今年度がスタートするということになります。「小田原食とみどり」の活動や理念、また活動拠点である「曽我みのり館」の使用上の注意、それぞれの学校の紹介など全体的なお話があり、その後各グループに分かれてオリエンテーションを行いました。
 朝から、東海道線が信号機の故障で、不通、遅延という状況にあり、入学式に間に合わない方もいらっしゃいました。
 さてティーベリーハーブスクールですが、オリエンテーションでは、学習にあたっての約束ごとや注意事項、年間を通しての講座内容や目標などについてお話しさせていただきました。


2019-4-21午後第1回講座 テーマ<ハーブを育てる>
 
 第1回講座は<ハーブを育てる>をテーマに、キッチンハーブの寄せ植えと、のちの講座でも使用するスイートバジルと藍の種蒔きを行いました。
 今回寄せ植えに用意したハーブは、レモンバーム、コモンセージ、イタリアンパセリ。レモンタイム、チャイブ、スペアミントの6種類。寄せ植えポットには全て植えることはできないので、寄せ植えする3つを各自選び、残りはそのまま持ち帰り鉢や地植えで育てます。ハーブ類はこれから大きくなるので、少しゆったり寄せ植えしました。マメにカットすることで脇芽も伸び株も大きくなっていきます。料理やハーブティーなどに使ってほしいと思います。
IMG_0704.jpg
IMG_0706.jpg

 バジルや藍の種は、光を好む性質なので、しっかり水分を含んだ土に種を蒔いたら、うっすら土をふりかける程度にしました。芽が出るのが楽しみですね。いつ芽が出たか、困ったこと、嬉しかったこと、どんなものに使ったか、などなど、記録しておくと今後の参考になります。
 ハーブはまず自分で育ててみることからスタートします。今回植えたハーブたちの一年間をしっかり見守ってほしいと思います。
IMG_0710.jpg
IMG_0707.jpg

 ハーブのみならず植物を育てるのに最も大切なのは土作りと言われます。土の中の小動物や微生物が育ちやすく活発に活動できる環境こそが豊かな土壌なのです。そのために行うのが有機栽培です。実習後の講座では、この有機栽培について学習し、本日の講座は終了しました。


あとがき:
 今の時期、種を蒔き苗を作っている方々の家には、芽を出し、徐々に大きくなっていくたくさんの苗床が置かれていることでしょう。私の家もそうです。玄関先にはたくさんの苗床が並んで、ただでさえ狭い通路をいっそう狭くしています。3月下旬に蒔いた種が、寒暖差の激しい気候のせいか、成長が遅くて心配もしましたが、気候の上昇とともにようやく大きくなってきました。蒔いた野菜やハーブの種が芽を出し、徐々に大きくなっていく姿を見ているのは、本当に嬉しいものです。受講生の中には、種を蒔くのは初めて、いつも苗を買ってしまう、という方もいらっしゃいました。今回の講座で、種を蒔いて育てることの楽しみを感じていただけたら嬉しく思います。

posted by 小田原ハーブインストラクター at 17:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする